上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告||TOP↑
Esquireは、30代の男性向けに編集されている雑誌なのですが、毎回アート の観点からライフスタイルを追求するスタンスが好きで、もう2年ちょっと 購読していますが、今回の記事の中で、建築家・ 安藤忠雄 さんが鋭い提言 をされていたので、
http://designcafe.exblog.jp/941872
ここ兵庫県立美術館は、私が尊敬している 安藤忠雄 さんの設計によるものです。(ということを行く直前に知りました)  さすがに造りがユニークです。エントランスは山側(電車の駅側)からと海側から。
http://blog.goo.ne.jp/hillstone11/e/d036597141164524214298a87823554a
安藤忠雄<建築家>  大阪生まれ。独学で建築を学び、1969年に安藤忠雄建築研究所を設立。「住吉の長屋」(76年)で79年度日本建築学会賞受賞後、アルヴァ・アアルト賞、フランス建築アカデミーゴールドメダル賞、フリッカー賞、日本芸術院賞、イギリス王立英国建築家協会ロイヤルゴールドメダル賞、フランス文学芸術勲章など受賞多数。
http://-net.ne.jp/room7/2005-05-05
昨日に引き続き淡路島です。 この夢舞台は、建築好きなら誰でも知ってる安藤忠雄氏設計です。 写真は温室「奇跡の星の植物館」です。なかなか夜に来る事ないので、良いもの見せていただきました(笑)
http://webry.info/200510/article
天才の話を昨日しましたが、 同じ商業界・鳥取大会に講師としていらっしゃっていた 建築家・東京大学名誉教授の安藤忠雄先生のお話を 講師控室でライブで聞くことができました。
http://desiinfo/weblog/2005/11/post_342.html
初めて間近に見た建築家の安藤忠雄さん。そこには、想像していなかった素顔が... 久々に訪れた六本木Academyhills40F。満席の会場に現れた安藤さんは、何とも心地よいリズムを奏でるスピーカーでした。
http://designcafe.blog21.fc2.com/blog-entry-12.html
hhstyle.com(妹島和世設計)のすぐ近くに、 安藤忠雄が鉄とコンクリートでhhstyle.comの新しい店舗 hhstyle.com/casaを設計しました。
http://blog.process5.com/?eid=204629
横浜市建築事務所協会と社団法人日本建築家協会JIA神奈川は7月11日、「教育、環境・建築・都市の未来」をテーマに安藤忠雄氏講演会と中田市長との対談を開催する。第一部は、建築家安藤忠雄氏による講演会「教育、環境・建築」。
http://designcbiz/archives/24664605.htmlaf
スポンサーサイト
安藤忠雄コメント(1)TOP↑

安藤忠雄

安藤忠雄ディテール集(3)

リンク

最近のトラックバック

最新の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


.